プリンターインクカートリッジがこんなに安い!激安ショップNavi

プリンターヘッドクリーニング方法

ここでは、具体的なプリンターヘッドクリーニング方法をメーカー別にご紹介します。重要性についてもまとめました。

プリンターのヘッドクリーニングとは?

インクの目詰まりは、プリンターにとって致命的なもの。「かすれ」や「色が出ない」など印刷物に影響が出るほか、最悪の場合プリンター自体の故障にもつながります。

原因として考えられるのが、プリンターヘッド部に付着したほこりや、固まってしまったインク。プリンターのヘッドクリーニングは、これらの原因を解消するための掃除になります。

手動で行うイメージもありますが、ほとんどの機種において、パソコンから操作することのできる「自動クリーナー機能」が付いています。

ただし、ヘッドクリーニングをやり過ぎることで故障の原因にもなるため、注意が必要。メーカーや機種によって、ヘッドクリーニングの推奨回数が設定されているので、一度ご自身でもプリンターヘッドクリーニング方法を確認してみましょう。

【メーカー別】プリンターヘッドクリーニング方法

パソコンからといっても、どこから何をすればいいのかわかりませんよね。もちろん、プリンターの種類によってもその方法は異なります

代表的なメーカー3社のプリンターヘッドクリーニング方法を、手順に従って解説します。

キャノンのヘッドクリーニング方法

①プリンターの「ユーティリティ」画面で【クリーニング】をクリックします。

②クリーニングを行いたい「グループ」を選んで【実行】をクリックします。

③インクの噴き出し口ノズルのクリーニングが始まります。

④メッセージが表示されたら、内容を確認して【OK】をクリックします。「ノズルチェックパターン印刷」の画面が表示されますが、ノズルのクリーニングがひと通り終わるまで他の操作はしないでください。

※インクの噴き出し口ノズルのクリーニングはインクを消費します。あまりクリーニングを頻繁に行いすぎると、早くインクが消費されてしまいますのでご注意ください。

⑤クリーニングが完了したら、ノズルチェックパターンを印刷します。プリンター本体の給紙切替ボタンで選択している方に A4用紙、あるいはレターの普通紙を 1 枚入れてください。

⑥「ノズルチェックパターン印刷」画面の【確認パターン印刷】をクリックします。

⑦メッセージが表示されたら【OK】をクリック。プリントが開始されるので、印刷が終了するまでは他の作業はしないでください。プリントされたノズルチェックパターンを確認し、正常か異常かを判断しましょう。

エプソンのヘッドクリーニング方法

①「印刷設定」画面を開きます。【スタート】ボタン→【デバイスとプリンター】の順にクリックします。

②プリンターのアイコンを右クリックし【印刷設定】をクリックします。

【ユーティリティ】タブを選択します。

④ヘッドクリーニングを行う場合は【ヘッドクリーニング】【スタート】ボタンをクリックします。

HPのヘッドクリーニング方法

①デスクトップ上の【HP ソリューションセンター】アイコンをダブルクリックします。HPソリューションセンターが新しいウィンドウで開きます。

【設定】をクリックしてから【プリンターツールボックス】をクリック。プリンターの「ツールボックス」が開きます。

【プリンターサービス】タブ(または【サービス】タブ)をクリック。続けて【プリントヘッドのクリーニング】をクリックします。

【クリーニング】をクリックし、処理を開始。表示された内容に従います。クリーニングの処理が完了すると、テストページが印刷されます。