プリンターインクカートリッジがこんなに安い!激安ショップNavi

インクカートリッジの回収とは?

使い切ったあとのインクカートリッジ。どのように処分すればいいか、困ってしまう方も多いのではないでしょうか?ここでは、プリンターのインクカートリッジ回収のすべてを解説します。

プリンターインクカートリッジを回収する目的は?

再利用再資源化のために、インクカートリッジの回収は各メーカーによって推奨されています。回収する目的は、メーカーやインクの種類によってさまざま。

例えば、空きのカートリッジに新しいインクを入れて販売する「リサイクルインク」。詰め替えるためのカートリッジとして、またはその部品として加工・再利用される場合が多いです。

また、プリンターメーカーや互換インクメーカーによる回収は、新たな資源としての再利用がメイン。カートリッジのみならず、他のプラスチック製品へと生まれ変わります。

環境・資源の問題が日々取り沙汰される中、不燃ごみとして処分するのではなく、リサイクルをするという意識は高まっています。インクカートリッジの回収に取り組むことは、企業にとっても消費者にとっても当然の社会の流れ、となってきているのです。

回収方法&回収後の取り扱い

いざ、使い切ったカートリッジを回収に出そうと思っても、一体どこに出せばいいのでしょう。

空きカートリッジの回収方法はいたって簡単。各メーカーが定めた回収方法のほか、家電量販店や郵便局各自治体が設置したポストなどに入れるだけです。

主要メーカーによる回収方法とその後の取り扱いを以下にまとめたので、参考にしてみてください。

エプソン

  • 回収方法:量販店や郵便局に設置のポスト/修理時に同時回収/ベルマークと一緒に回収/大量の場合は引取回収サービス(ポイントシステム有)
  • 回収後の取り扱い:集約と仕分けの作業は、障がい者雇用施設で行い、リサイクルインクの部品になるだけでなく、加工されて様々な資材に再利用

キャノン

  • 回収方法:量販店や郵便局に設置のポスト/訪問回収/専用回収箱で返送/ベルマークと一緒に回収
  • 回収後の取り扱い:加工され、リサイクルインクの部品やプラスチック製品として再利用

ブラザー

  • 回収方法:郵便局に設置のポスト/専用回収箱で返送(大量の場合)
  • 回収後の取り扱い:リサイクルインク部品などに再利用

hp

  • 回収方法:郵便局や販売店に設置のポスト
  • 回収後の取り扱い:-

ベルマーク回収では、学校に集められたカートリッジを、まとめてメーカーに送る形となります。ベルマークの点数によって教育器材と交換することができるので、カートリッジを回収に出すことで、教育現場の充実にも活かす事ができます。

また、エプソン・ブラザー・キヤノン・DELL・hp・LEXMARKの大手6社による「里帰りプロジェクト」では、全国の郵便局や自治体に回収箱を設置。回収したカートリッジはエプソンの施設で仕分けされて、各メーカーに戻され、再利用・再資源化されます。

使用済みインクカートリッジを買取る便利なサービス

パナシア

インク

買取対象

キャノン、エプソン、ミマキ、ローランド、株式会社EMシステムズ製のもののみ(他メーカーの製品は買い取ることができません)

買取金額

いずれもおよそ100~200円程度

既にリサイクル済みの場合に関しては、エプソン製を除いて買取ができません。キャップなどの部品が欠損しているものも買取不可となっています。

買取は40本以上から可能で、100本以上の買取を希望する場合には事前に連絡が必要です。製品と振込先の情報を同封すれば、到着後およそ10日以内に振込まれます

カラインク

買取対象

キャノン、エプソン、EMシステムズ製

買取金額

1本あたりおよそ30~100円

10本以上から買取が可能となっています。

ただし、対象は純正品の使用済みカートリッジのみで、リサイクル品や互換品に関しては買取できません。型番によっても対象となるものは限られているので注意が必要です。また、部品等が破損しているものについても買取はできません

買取手順としてはウェブサイトにある申込フォームに記入した後、手順に従って梱包し、発送してください。

エムトレーディング

買取対象

現在、買取の対象となっている地域は、東京都中央区、千代田区、港区、渋谷区、世田谷区、目黒区であり、対象製品はキャノン、エプソン製のもののみ

買取金額

1本あたり1~10円

製品によって100~200本以上で買取が可能です

200本以上の買取の場合は、無料回収が可能なため梱包の必要はありません。

さらに500本以上であれば、東京都内、神奈川県内に限定されるものの対象地域以外でも買取が可能となっています。

買取の際はウェブサイトを確認し、記載のある必要事項をメールまたはFAXで送信後、梱包して発送します。

インク屋

買取対象

エプソン、キャノン製

(ウェブサイト上に記載がある型番の純正品に限られているため、注意が必要。リサイクル品や互換品の買取はできません)

買取金額

型番によりますが、1本あたり10~30円

(この価格は時期によって変動する可能性もあります)

1個から買取可能ですが、300個以上の買取の場合は、送料として1,000円分を会社側で負担しています

オフィネット

買取対象

キャノン、エプソン、リコー、ブラザーなど

(純正品に限ります)

買取の際は現金での支払いではなく、毎月20日に付与されるオフィネットどっとポイントでの支払いとなります。このオフィネットどっとポイントは、購入する際の値引きや、グルメや家電、雑貨、ギフトカードなどと引き換えることも可能です。

買取方法は、ウェブサイト上の申込フォームに記入し、梱包したものにオフィネットより送られてきた伝票を貼り付け、回収業者に渡します。

使用済みインクカートリッジ買い取り額の平均

使用済みインクカートリッジの買取金額は、インクカートリッジのモデルや品物の状態によっても変動しますが、平均額は50~1,200円程度と幅広いものになっています

ただしモデルが古い場合は金額も安い傾向があり、この場合高いものでも300~600円程度となっています

このように、使用済みとなったトナーやインクカートリッジでも、捨てずに売ることができます。しかし買取対象が使用済み製品であるため、やはり高い金額での買い取りはなかなか望めないというのも事実です

互換インクカートリッジの格安ショップを徹底比較
【キヤノン】売れ筋プリンター互換インクの価格相場
【エプソン】売れ筋プリンター互換インクの価格相場
【ブラザー】売れ筋プリンター互換インクの価格相場
【HP】売れ筋プリンター互換インクの価格相場
【RICOH】売れ筋プリンター互換インクの価格相場
【要チェック】インクカートリッジの基礎知識
互換インクのトラブルと解決方法