プリンターインクカートリッジがこんなに安い!激安ショップNavi

インクカートリッジの回収とは?

使い切ったあとのインクカートリッジ。どのように処分すればいいか、困ってしまう方も多いのではないでしょうか?ここでは、プリンターのインクカートリッジ回収のすべてを解説します。

プリンターインクカートリッジを回収する目的は?

再利用再資源化のために、インクカートリッジの回収は各メーカーによって推奨されています。回収する目的は、メーカーやインクの種類によってさまざま。

例えば、空きのカートリッジに新しいインクを入れて販売する「リサイクルインク」。詰め替えるためのカートリッジとして、またはその部品として加工・再利用される場合が多いです。

また、プリンターメーカーや互換インクメーカーによる回収は、新たな資源としての再利用がメイン。カートリッジのみならず、他のプラスチック製品へと生まれ変わります。

環境・資源の問題が日々取り沙汰される中、不燃ごみとして処分するのではなく、リサイクルをするという意識は高まっています。インクカートリッジの回収に取り組むことは、企業にとっても消費者にとっても当然の社会の流れ、となってきているのです。

回収方法&回収後の取り扱い

いざ、使い切ったカートリッジを回収に出そうと思っても、一体どこに出せばいいのでしょう。

空きカートリッジの回収方法はいたって簡単。各メーカーが定めた回収方法のほか、家電量販店や郵便局各自治体が設置したポストなどに入れるだけです。

主要メーカーによる回収方法とその後の取り扱いを以下にまとめたので、参考にしてみてください。

エプソン

  • 回収方法:量販店や郵便局に設置のポスト/修理時に同時回収/ベルマークと一緒に回収/大量の場合は引取回収サービス(ポイントシステム有)
  • 回収後の取り扱い:集約と仕分けの作業は、障がい者雇用施設で行い、リサイクルインクの部品になるだけでなく、加工されて様々な資材に再利用

キャノン

  • 回収方法:量販店や郵便局に設置のポスト/訪問回収/専用回収箱で返送/ベルマークと一緒に回収
  • 回収後の取り扱い:加工され、リサイクルインクの部品やプラスチック製品として再利用

ブラザー

  • 回収方法:郵便局に設置のポスト/専用回収箱で返送(大量の場合)
  • 回収後の取り扱い:リサイクルインク部品などに再利用

hp

  • 回収方法:郵便局や販売店に設置のポスト
  • 回収後の取り扱い:-

ベルマーク回収では、学校に集められたカートリッジを、まとめてメーカーに送る形となります。ベルマークの点数によって教育器材と交換することができるので、カートリッジを回収に出すことで、教育現場の充実にも活かす事ができます。

また、エプソン・ブラザー・キヤノン・DELL・hp・LEXMARKの大手6社による「里帰りプロジェクト」では、全国の郵便局や自治体に回収箱を設置。回収したカートリッジはエプソンの施設で仕分けされて、各メーカーに戻され、再利用・再資源化されます。