プリンターインクカートリッジがこんなに安い!激安ショップNavi

純正インクの半額!互換インクはどのくらい安いのか徹底調査

プリンターインク補充には純正インクを使用するのが最も安心感がありますが、純正インクではどうしても費用がかさんでしまいます。

そんなときこそ、互換インクの出番です。 純正インクと互換性のある、値段の安いインクを互換インクといいますが、純正インクと比較すると実際にはどれくらい費用が安くなるのでしょうか。

そこで今回は、互換インクは実際どれくらい費用を抑えられるのかを解説します。

純正品の半額!?互換インクの価格を調査!

互換インクの値段は、メーカーや機種にもよりますが、純正インクの「半額程度」に設定されていることが多いようです。例えば、純正品が8,000円のものであれば4,000円程度で購入することができます。ただし、互換インクにもさまざまなメーカーがあり、メーカーごとに使用しているインクは異なるため互換インクの値段にもばらつきがあります。

純正インクが高い原因はプリンターのビジネスモデルにある

では、なぜこうも値段に差が出るのでしょうか?実は、純正インクの値段が高いのには「プリンター」というもののビジネスモデルにその理由があります。本体は安く販売し、消耗品であるインクで利益を得るようなビジネスモデルになっているのです。 せっかくプリンター本体を安く買えても、インク交換のたびに高いお金を払っていては負担になってしまいますよね。

そこで、純正インクと同じように使えて、なおかつ値段が安い「互換インク」が誕生したのです。

純正インクと変わらない?気になる互換インクの品質

互換インクというと、「品質が悪い」といったイメージを持たれるかもしれません。しかし、互換インクの品質はどんどん向上されてきています。 最近のものは純正インクで印刷したものと比較しても、ほぼ同等の品質。仕事で使う資料の作成や年賀状の印刷程度であれば、互換インクでも十分対応できるレベルの品質が保たれています。

使用する互換インクによっても品質は大きく異なりますが、モノによっては写真なども純正インクと変わらないレベルで印刷することができます。

互換インクだとプリンターが故障しそう……

結論からいってしまうと、互換インクを使用したからといって故障するとは限りません。純正インクを使用していたとしても故障することはありますし、互換インクを使用していたときの故障は、仮に純正インクを使用していた場合でも同様に故障していただろうと推定できることも多いのです。ただし、互換インクはさまざまなメーカーが作っているため、中には安いだけで品質の悪い商品を販売しているメーカーもあります。

このようなメーカーの互換インクについては、インクが漏れ出したりすることも。 互換インクの購入は、長年互換インクを販売しているなど、信頼できるメーカーを選ばなければなりません。

互換インクの使用はメーカー選びが何より重要!

純正インクを使用した場合の半額程度までコストを抑えられる互換インク。確かに、粗悪な商品もないわけではありませんが、それはそもそもメーカーが粗悪なだけです。きちんとメーカーを選びさえすれば、コストを抑えつつリスクも抑えることができます。

あなたも互換インクで、賢くプリンターを使いませんか?

互換インクカートリッジの格安ショップを徹底比較
【キヤノン】売れ筋プリンター互換インクの価格相場
【エプソン】売れ筋プリンター互換インクの価格相場
【ブラザー】売れ筋プリンター互換インクの価格相場
【HP】売れ筋プリンター互換インクの価格相場
【RICOH】売れ筋プリンター互換インクの価格相場
【要チェック】インクカートリッジの基礎知識
互換インクのトラブルと解決方法