プリンターインクカートリッジがこんなに安い!激安ショップNavi

寿命5年?インクジェットプリンターの買い替えタイミングを解説

消耗品であるインクカートリッジは定期的な買い替えが必須ですが、そもそもインクジェットプリンター本体の寿命はどのくらいなの?と疑問に思う方もいるでしょう。

ここでは、インクジェットプリンターの寿命、買い替えに適切なタイミングとその理由を解説します。

 

メーカーが想定するインクジェットプリンターの寿命は5年!

インクジェットプリンターの寿命は、多くのメーカーで「5年」を想定して作られています。そもそも、こうした複合機には法律によって「法定耐用年数」が定められています。法定耐用年数とは、機械・設備などの減価償却資産が法定上で使用できる見積もり期間のこと。この法定耐用年数に従って、その製品の価値を年数の経過とともに減少(減価償却)させなければならないという決まりがあるのです。

複合機・コピー機においては法定耐用年数が「5年」と定められており、多くのメーカーではこの5年という期間にあわせて製品の部品交換や修理などのサポートを終了してしまいます。修理を受け付けていても、買い替えてしまったほうが安く済むことも珍しくありません。

こうした理由やメーカーが想定する寿命をあわせて見ても、適切な買い替えのタイミングは5年前後といえます。

5年以上経過するとプリンターの不具合発生率は確実にあがる

もちろん、実際の寿命は印刷枚数や使用頻度によっても差が出てきます。ほとんどのインクジェットプリンターにはそれぞれ想定印刷枚数が定められていて、これが寿命に達する基準ともいえます。プリンターは使用すればするほど寿命へと近付いていきますから、この想定枚数を超えて印刷をしたり、長時間稼働し続けたりすれば寿命は5年よりも短くなることもあります。

では、使用頻度が少なければもっと長く使えるのかというと、実はそうでもありません。例えあまり使用していなくても、スポンジやゴム部分などは年数とともに傷み、劣化していきます。特に不具合が発生していなくても「あまり使用していないから」と長期間使い続けていると、いざ使おうと思った時に突然動かなくなった!なんてこともあり得るのです。

いずれにしても、年数の経過とともに不具合が発生する可能性は確実に高まっていきますから、5年程度での買い替えを目安とすることをオススメします。

性能の向上や対応インクを考慮しても定期的な買い替えがおすすめ

2009年以前は搭載されていることが珍しかった「Wi-Fi対応機能」ですが、今ではスマホやタブレットの普及に伴い、Wi-Fi対応の機種が多く出回るようになりました。このような新たな機能も含め、印刷技術やスピードなども数年で著しく進化していきますから、ある程度の期間で買い替えたほうがより便利な機能を快適に使用することができるのです。

また、対応するインクについても考慮しなければなりません。対応機種の稼働台数や販売数量の減少が大きく見られた場合、それにあわせてインクも販売終了となってしまうことが多いため、古い機種であればあるほど適合するインクも少なくなってしまいます。

いずれにしても、5年以上の時間が経ちマイナーとなった機種は、買い替えが必要といえるでしょう。