プリンターインクカートリッジがこんなに安い!激安ショップNavi

未開封は2年!互換インクの保管期限は純正インクと変わらない

互換インクを購入する場合は、まとめ買いをすることも多いですよね。

特に、純正品の生産が終了していて、互換インクしか残っていない場合などは、互換インクをまとめて買っておいて、品切れに備えることもあるはずです。

しかし、互換インクにも保管期限があります。保管期限を過ぎたインクを使用すると、最悪の場合プリンターが故障する原因になってしまいます。

そこで今回は、互換インクの保管期限について解説します。

互換インクは純正インクとも大差ない!未使用なら2年程度保管可能

互換インクは、未使用のものであれば2年程度は保管できるように作られています。しかし、一度開封してプリンターにセットしたら、なるべく早く使い切らないとインクのつまりを起こしたり、故障の原因になったりします。実は、互換インクの保管期限は、メーカーの純正インクの保管期限と大差がありません。

例えば、大手メーカーであるキャノンであれば、「製造からは30カ月、開封後は6カ月以内に使用する」とあります。

期限切れの互換インクはプリンターの故障の原因に!

期限切れの互換インクを使用してしまうと、プリンターの故障の原因となります。インクの使用期限が過ぎると、インクの一部にダマのような固まりができることがあり、インクにダマができると、印刷の際にノズルのつまりを起こしたり、印刷にスジが入ったりして、まともに印刷をすることができなくなってしまいます。

実際には、使用期限が切れているからといって即座にダマができたり、プリンターを故障させたりするわけではありませんが、念のため使用期限までに使い切るようにしましょう。

互換インクの正しい保管方法

互換インクは2年程度保管できますが、保管方法を間違えてしまうと2年を待たずに寿命がきてしまいますし、反対に保管が正しければ長持ちします。互換インクの正しい保管方法を確認しましょう。

高温多湿を避ける

高温多湿な場所に互換インクを置いておくと、変色や劣化の原因となります。そうならないような場所に保管してください。

直射日光を避ける

直射日光もインクにダメージを与えてしまいます。窓の近くなどに長期間放置していると、互換インクの寿命が短くなるでしょう。

プリンターにセットしたインクをしばらく使用しないとき

上述のように、プリンターにセットしたインクは、半年ほどで使い切ることが推奨されています。

しかし、現実的には数カ月間プリンターを使用しないこともあるかと思います。

このような場合は、プリンターのスイッチを入れて、プリンターの「ノズルチェック機能」「ヘッドクリーニング機能」などを使用し、常に最善の状態を保つ必要があります。インクは若干消費してしまうことになりますが、インクやプリンターの状態を健全にすることを第一に考えるなら、怠ってはいけない作業です。

このように、互換インクの保管期限はおおよそ「未開封であれば2年程度」「開封後は半年以内」と決められています。純正インクとも保管期限に大差はないので、互換インクの品質の高さがうかがい知れますね。

互換インクカートリッジの格安ショップを徹底比較
【キヤノン】売れ筋プリンター互換インクの価格相場
【エプソン】売れ筋プリンター互換インクの価格相場
【ブラザー】売れ筋プリンター互換インクの価格相場
【HP】売れ筋プリンター互換インクの価格相場
【RICOH】売れ筋プリンター互換インクの価格相場
【要チェック】インクカートリッジの基礎知識
互換インクのトラブルと解決方法