プリンターインクカートリッジがこんなに安い!激安ショップNavi

互換インクカートリッジの激安ショップを徹底比較

プリンター用の互換インクカートリッジを販売している業者は多く、ネット上で確認しただけでも数十社がしのぎを削っています。

しかし、実際にインクカートリッジを探してみると、欲しいインクを取り扱っていなかったり、実際に注文しても、届くまでに長く待たされることもあります。

このページでは、互換インクの業者選びにお困りの人に向けて、優良メーカー5社を紹介しています。

プリンター用互換インクの取扱い店舗を徹底比較!

それぞれの販売サイトの価格帯、ラインナップ、送料について比較し、代表的な商品の価格例をまとめてみました。

会社名 こまもの
本舗
インク革命
.COM
サンワ
ダイレクト
チップス ホビナビ
価格 ◎ ○ ○ ◎ ○
ライン
アップ
◎ ◎ △ △ ○
送料 0円
※1点~送料無料
540円
※3,500円以上で送料無料
540円
※2,000円以上で送料無料
432円
※3,000円以上で送料無料
622円~
※5,000円以上で送料無料
備考 ・インクに顔料を使用しており高品質。
・純正品が販売終了した型も取り扱い中。
・後払いに対応。
・夜9時までの注文は当日出荷。
・年中無休。
・後払いに対応。
・互換インクの種類は少ないが、リサイクルインク、詰め替えインクなども取り扱っている。 ・専門コールセンターを設置するなど、アフターサポートが充実。 ・大量発送やスピード発送に強く、法人からの発注が多い。

メーカー別の互換インク価格まとめ

  こまもの本舗 インク革命.COM サンワダイレクト チップス ホビナビ
キヤノン
(BCI-325)
5色 1,286円 2,280円 1,180円 860円 2,300円
411円 480円 370円 300円 570円
エプソン
(IC50)
6色 1,000円 2,250円 1,000円 500円 1,998円
308円 420円 - 371円 570円
ブラザー
(LC-111)
4色 1,980円 2,040円

3,480円

840円 2,877円
550円 600円 600円 390円 570円
RICOH
(GC31)
4色 6,583円 9,500円 - 8,600円 6,300円
1,852円 2,650円 - 1,000円 2,300円

お店選びの注目ポイントは「送料」と「ラインナップ」

互換インクを買う時、最初に気になるのは「価格」だと思います。確かに業者によって価格差は多少ありますが、1色インクに限れば、その差はわずか数十円。送料や手数料を確認しておかないと、他社より高くなってしまう場合があるので注意が必要です。

こまもの本舗は、すべての注文で送料無料というのがうれしいですね。個人で使用している人は特に「インクが1色だけ切れてしまった!」というシーンも多いはずですが、ここなら手軽に注文できそうです。

そして、互換インクの利用者の中に多いのが、持っているプリンターの純正品インクが廃版になった人です。プリンターメーカーは次々と新製品を出して、古い製品は取り扱わなくなってしまいます。しかし、ユーザーとしては、そう頻繁にプリンターを買い替えるわけにもいかず、同じ製品を使い続けている人も多いはず。

そんな人に向けて、廃版した型番の互換インクを揃えている会社もあり、たくさんのユーザーに重宝されています。こまもの本舗インク革命.COMは、商品ラインナップの豊富さに定評があるので、使用しているインクの型番が見つからない人は、ぜひチェックしてみてください。

もちろん互換インクに安さを求める人もいらっしゃいます。チップスは数ある互換インク業者の中でも激安店として有名です。ただ、商品数は他社に比べて見劣りするので、欲しいインクがあるか確認が必要です。

サンワダイレクトも取り扱う互換インクの数は多くないのですが、トナーやマウスなどプリンター・パソコンの周辺機器を豊富に取り揃えており、「パソコン周りのアイテムを一気に注文したい!」というユーザーには便利な業者さんです。

ネット注文だけでなく、電話やFAXでの発注も可能!

インクカートリッジのイメージ特にご年配の方は、インターネットでの注文が苦手な人も多いと思います。ほとんどの会社で、ネットだけでなく電話やFAXでの注文も可能ですが、チップスホビナビ専用コールセンターを設置し、個人・法人を問わずていねいな対応をしてくれるので、急ぎの問い合わせがある時は連絡してみるといいかもしれません。

互換インクの質は年々向上しており、上記のような専門業者で購入すれば、純正品インクにも決して引けを取りません。

「互換インクに切り替えてみようかな」「安心して使える互換インクが知りたい」と思っている方は、ぜひ各社の公式HPを確認してみてください。

互換インクカートリッジ取扱い店舗の特徴と保証内容を比較

こまもの本舗

創業45年以上の老舗インクショップ

「こまもの本舗」は、大手メーカーの互換性インクを多数製造、販売している会社です。

プリンターの機種についても幅広く対応しているので、お使いのプリンターの互換性インクがきっと見つかります

対応機種についてはホームページで確認することができます。

セール品も随時販売されているので、お使いの機種に合うものがあれば、さらに手頃な価格で購入できますね。

そのほか、事務用品やスマホの保護フィルムなどの商品も販売しているため、互換性インクを購入予定の方は、一緒に足りない品はないかチェックしてみるとよいと思います。

こまもの本舗の保証サービス

「こまもの本舗」では、購入から1年以内の商品であれば保証対象となり、幅広いトラブルに対応して保証します。

不良品はもちろん、使用した際の液漏れについても保証対象となり、無料交換もしくは全額返金の形で対処してくれるので、安心して使用できますよね。

インク漏れについては保証してくれない会社もあるようですので、こちらはとても良心的です。

チップス

トップページで使用機種の互換性インクを探せる

「チップス」も、幅広い機種の互換性インクを販売している会社です。

トップページにアクセスすると各メーカーから対応機種の互換性インクを探せるので、手早く互換性インクを購入したいという人に便利です。

ポイント制度を導入しており、キャンペーン期間中はポイントが多く付与されるサービスも展開されているようです。

互換性インクをたくさん使用する人は、ポイントを貯めることでよりお得に購入できますね。

チップスの保証サービス

チップスも、購入から1年の保証をつけています。

ただし、保証内容についての明記はなく、会社判断により保証対象とならない場合もあると明記されているため、必ずインク漏れで保証を受けられるわけではないかもしれません。

また、「不安のある人は純正品を」という記載もあるので、もしものときの保証を心配される方は検討した上での購入をおすすめします。

ホビホビ(インクナビ)

正常稼働率99.9%を誇る互換性インク販売会社

「ホビホビ」は、互換性インクの正常稼働率がなんと99.9%という高品質の互換性インクを販売している会社です。

オフィス文書向けの文書にも適していると謳っていますので、品質には自信を持っていることがうかがえます。

純正インクの半額で互換性インクを購入することができ、購入金額に応じたクーポンの発行などをキャンペーンで行っているようですので、こちらもインクをたくさん使用するご家庭や企業はよりお得に互換性インクを購入できそうです。

ホビホビの保証サービス

ホビホビの互換性インクは2年間の保証がついています。

内容に応じて、プリンターが壊れてしまった場合はプリンターの修理費も負担してくれるほか、代替機の用意もしてくれるそうですので、こちらも大変良心的ですね。

ホームページでは保証についてはかなり手厚い印象を受けますが、こちらも保証対応には条件があると明記されていますので、購入時はその点を理解した上で手配しましょう。

オフィスネット

幅広い商品を取り扱っている会社

「オフィスネット」は、互換性インクをはじめ、事務用品や家具など、幅広い商品を取り扱っています。

互換性インク専門店というわけではありませんが、ついでにいろいろ必要な品を購入したいというときに汎用性が高いお店です。

オフィスネットの保証サービス

オフィスネットでは、出荷から14日以内の申告であれば、不良品の交換をしてくれます。

保証についての明記は特にないので、インク漏れなどの保証はしてもらえないかもしれません。

保証に関しては直接オフィスネットに確認するか、使用時の保証がないかもしれないことを理解した上で購入する必要がありそうです。

独自のサービスに満足できる互換インク取扱店舗

ここまで、プリンターの維持費を格段に安くすることができる互換インク取り扱い業者のおすすめ度を値段や価格、インクのラインナップ、保証といった角度から比較してきました。しかし、お店選びのポイントは単純に比較ができる条件だけではありません。

ここからは、各店舗が提供している独自のサービスについて紹介していきます。

組み合わせを選べるフリーチョイスセットがお得!こまもの本舗

フリーチョイスセット

通常なら色が固定されている互換インクのセットを購入する際、4色セットなら4色すべて好きな色を選んで買うことができるというサービス。

インク1色よりもセットで購入するほうが安いショップは数多くありますが、全色自由に指定できるのはこまもの本舗ならではのサービスです。

例えば普段モノクロでしか印刷しない場合、シアンやイエローなどの色インクがあっても滅多に使うことはないでしょう。多少割高でも黒のインクを1つずつ買うしかありません。

しかし、フリーチョイスセットで全色黒の互換インクを選んで購入できれば、黒インクが切れるたびに1色ずつ買い足すより印刷コストを安く抑えることができます。

こまもの本舗で販売されている他色インクのセットはすべてフリーチョイスの対なので、どのメーカーのプリンターを使っていてもお得に買い物可能です。

顧客の要望に応えて独自サービスを生み出すインク革命.COM

マイプリンター登録機能

インク革命.COMのマイページに現在使っているプリンターの機種を登録できる機能です。

いざ互換インクを安く手に入れようと思ったとき、「使っているプリンターの機種はどれだったか」が思い出せないと、わざわざプリンター本体のところまで行って型番を確認しなければならないのです。

しかし、マイプリンターに型番を登録しておけば、購入する互換インクを間違ってしまうことはありません。登録数に制限はないため、事務所と自宅で使っているプリンターが違う、入れ替え等で事務所のプリンターの種類が統一されていないといった場合も便利です。

19時までの注文を即日発送

19時までの注文なら即日発送してくれるサービスも見逃せません。他店舗に比べて当日発送の受付時間が長いため、仕事中に突然インクが切れてしまった場合も安心です。

使用済みカートリッジの回収希望

インク革命.COMで購入した互換インクが20本以上ある場合は、備考欄に「インクカートリッジの回収希望」を記入して注文すれば使い終わったカートリッジを無料で回収してもらえます。

使用済みインクカートリッジの回収用着払い伝票ももらうことができるので、頻繁にインクを交換していてごみの処分に困っている人には便利です。

条件を満たせば開封済みでも返品可能なサンワダイレクト

開封済み返品

送料を無料にするためインクと一緒に他の商品を買う機会も多いでしょう。しかし、商品によっては「想像とサイズが違う」「色味が違う」などの理由で返品したくなることもあります。

商品の返品ができるのは、原則どのお店でも商品を開封していない場合のみです。サンワダイレクトは、下記の条件ならなら開封してしまった商品を返品することで購入代金の半額が戻ってくるのです。

  • 到着後7日以内
  • パッケージを開封しただけで未使用の状態
    (パッケージのシールを剥がしている、ケーブルのワイヤーを外している場合も可能)