プリンターインクカートリッジがこんなに安い!激安ショップNavi

互換インクで印刷したら色あせた!?

どうして互換インクは色あせするのか?

プリンターで印刷する際は、インクが必要になります。プリンターに使用するインクには、純正品とあらゆる機器に対応できる互換インクがあります。この2つの違いは印刷した時に現れることがあり、互換インクの方が写真の色合いがおかしかったり、すぐに色あせたりするということがいわれています。

色褪せに関しては、純正品の方が色褪せや退色に強くつくられています。純正品をつくるメーカーでは、アルバム保存・耐久性・耐光性・耐ガス性など数十年維持できるとアピールしています。メーカーによる純正品は、自社のプリンターで最適な印刷ができるように作られています。対して互換インクは、各メーカーのプリンターに対応させるためにつくられたものが多いため、インクの耐久性などは重視されていない製品もあります。

互換インクで色褪せが起こるのは、保存方法やメーカーによって様々ですが、早いものでは約半年で色褪せが始まることがあります。互換インクのメーカーの中には、長期間保存するものには純正品をすすめるところもあります。色褪せの原因は、オゾンや光にさらされることで起こり、印刷後は長期保存する際はこれらを避けるようにします。短期的に使用して後で捨てるような印刷物なら、互換インクの使用が最適ではないでしょうか。

どういった互換インクなら色あせしにくいのか?

互換インクで印刷したものを保存する際は、純正品で印刷したものと同様に、耐光性を考えて光を避ける形で保存するのがいいでしょう。前述は、互換インクの方が純正品より耐久性が劣るといった内容でしたが、互換インクの中にも、色あせしにくいものもあるのを、ご存知でしょうか。

色あせしにくい互換インクをお探しであれば、色褪せの原因でもある紫外線に強いインクを選んでください。抗紫外線タイプの互換インクを使えば、印刷後の色褪せの心配はないと考えられます。このタイプの互換インクの特徴は、純正品と同じようにくっきりとした印刷ができる、「顔料インク」を使用しているのです。セットで販売されている互換インクには、顔料インクが付属されています。

多くの互換インクでは「染料インク」を使用しているものが多く、色褪せやにじみが出やすくなります。顔料インクを使用することで、互換インクでも色褪せなどを抑えられます。染料インクは紙に染み込ませて印刷し、顔料インクは粒子を表面に付着させて印刷するタイプです。

このように、互換インクの中にも色褪せに強いものもあります。しかし、長期保存する場合は、通常のインクで印刷したものと同じように、耐光性を考えて光の当たらない場所で保存することをおすすめします。